前へ
次へ

東京の物件は不動産投資に向いています

世の中には色々な投資がありますが、不動産投資に関心を持つ人も少なくありません。
これから不動産投資を始める人の中には、どの物件を選んでよいのか考えている人も多いでしょう。
成功するためのポイントは、ずばり将来にわたり入居者が途絶えず、継続した家賃収入が得られる物件をえらぶことです。
そんなことは分かっているという声もありますが、物件を選ぶ上でエリアはとても重要な要素です。
人口減少社会の中でも、人口増加を続ける東京都心部の物件は注目するに値します。
何故、東京都が良いかといえばその経済規模が挙げられます。
2015年における世界銀行の調査によれば、東京都のGDPは94兆円にも及びます。
これはオランダやトルコなどを国家を上回る経済規模といわれています。
さらに2016年の国勢調査によれば、東京の単身者世帯の人口割合は大阪府や神奈川県の倍以上であり、人口転入は年間42万人で全国1位でした。
これは神奈川県の倍であり、東京の将来性はまだ期待できることを示しています。

Page Top