前へ
次へ

不動産投資で買うときには

不動産といってもどこにあるものであるのかということによって、利用に対する制限もあったりするので注意しておきましょう。
市街化区域は基本的に12種類の用途地域に分けられているので、それぞれ建てられる建築物を建てられない建築物というのがそれによって決まっているわけです。
不動産投資ではその辺りの知識がしっかりとあった方が明確にメリットがあります。
建てられた後に変更されたりした場合などに壊されるということが強制されるわけではないのですがその時に壊してしまって再び作ろうとしても今度は新しい法律が適用されるということになりますので、取り壊して新築が出来ないというような状況になってしまっているところもあったりします。
不動産投資で土地などを購入した場合であっても活用したいと考えていることに使えないというのであれば意味がないということになりますので注意しておきましょう。
明確にそのあたりの知識が必要になります。

Page Top