前へ
次へ

不動産投資は利用方法を確認すること

土地というのは道路との関係によって制限を受けるということもあります。
原則として敷地幅が4メートル以上の道路に2メートル以上設置していなければ立てることができないことになっています。
但し、幅が4メートル以下でも特定行政庁が指定した道路については、と色々と特例などもあったりして極端に絶対にこれが適用されるというようなことではないのですが、とにかく道路との関係によって土地の利用にも制限があったりする、ということは知っておくと良いでしょう。
不動産投資をするときに土地を購入するのであればそういう制限があるようなところなのかどうかというのは必ず確認しておいた方が良いです。
こう言う事に使う土地が欲しいということで不動産屋などにお願いして探してもらっておくということにしますと、その辺りもきちんと配慮して情報を与えてくれるということにはなるでしょうが、それでも居住用の住宅を購入するというわけではありませんので、投資は自己責任でやらなければならないことになるでしょう。

Page Top