前へ
次へ

不動産投資をするために買うのであれば

建ぺい率というものがあります。
土地に建物を建てるときにとても重要なものになりこれは敷地面積に対する建物の面積の割合ということになります。
全ての建物は決められた建ぺい率及び容積率以内である必要性があります。
場所によっては高さ制限などもかなり厳しく決められているということもあり、自分の不動産、つまりは土地であるからといって好きなものを建てたりすることができるというわけではないというのは理解しておきましょう。
不動産投資などをする時には土地を購入する際に、自分が使おうとしている事柄に対して利用することができる不動産であるのかということを確認しなければ厳しいっていうことがあるわけです。
投資ですから、そのあたりはしっかりと確認するのが当たり前でもありますから言うほど心配されるようなことではないのですが、右も左も分からない状況であるというのであれば必ず専門家に意見を聞くようにしましょう。
確実に目的に使えるのか、は物件を買うときの基本となる確認事項です。

Page Top